から揚げの冷凍・冷蔵保存方法を紹介!美味しさを維持する消費期限は?

スポンサーリンク

 

こんにちは♪

外はサクッと、中はジューシーに揚がった揚げたての「から揚げ」は、ご飯によく合ってみんなが大好きなメニューですよね。

でもあげるのも面倒だからできることなら一度にたくさん揚げて美味しいまま保存できたらいいのに…なんて考えたことはありませんか?

今回はどうしたら美味しさをキープしてから揚げを保存できるのか?上手な温め方は?というお話していこうと思います!

是非参考にして美味しいから揚げを食べて下さいね~

スポンサーリンク

から揚げを美味しいまま保存するにはどの保存方法がいいの?

から揚げを保存する方法は3種類あります。

・常温のまま保存
・冷蔵庫で保存
・冷凍庫で保存

この中でから揚げの美味しさをキープしたまま保存できるおすすめの方法はズバリ『冷凍保存』です!

ですが冷凍保存は冷凍するのに手間がかかったり、解凍する手間がかかったりもするので

・一番らくちん、保存がきかない常温保存
・それなりに保存できて、あまり手間がない冷蔵保存
・手間はかかるけど美味しさもキープ、保存期間も長い冷凍保存

のように、ご自分で食べるタイミングを考えて保存方法を変えてみましょう!
方法ごとに細かく説明もしていくので参考にしていただけたらと思います。

 

から揚げの常温保存方法は?

まずは常温保存についてから説明させていただきます。

メリット

・揚げた後に特別な処理などをしないので一番らくちん

デメリット

・常温で置いておくと食中毒菌も増えやすいし傷みやすい

常温保存は何といっても一番らくちん!食べ盛りのお子様がいるご家庭でから揚げを置いておくとすぐに消えてしまう…
なんて速度で食べれる場合には常温保存でも大丈夫だと思います!

ですが常温で置いておくと食中毒菌が増えて保存期間が短くなってしまうので、遅くても半日以内で食べきれないようなら他の保存方法にしましょう。

 

スポンサーリンク

 

から揚げの冷蔵保存方法は?

次は常温よりは保存期間が長くて、冷凍保存よりも手間のかからない冷蔵保存についてのお話です。

メリット

・常温よりは保存期間が長くなる
・期限内ならお弁当に加熱しなくても入れられる
デメリット

・なるべく早く冷ましてから冷蔵庫に入れる必要がある
・ラップをかけたり、密閉容器に入れて保存しないといけない

晩御飯にから揚げをあげて、残ったものを翌日のお弁当に入れたい…なんて時には冷蔵での保存が一番向いていると思います!

〈から揚げの冷蔵保存〉
1. から揚げをしっかり冷ます(涼しい場所で重ならないように広げると◎!)
2. から揚げの表面についた余計な水分、油分をキッチンペーパーなどで拭き取る
3. お皿に移してラップをかけて冷蔵庫に入れるor密閉容器に入れて冷蔵庫に入れる

から揚げは意外とにおいがあるので、冷蔵庫の中でにおい移りが気になる場合には密閉容器での保存がおすすめ♪
冷蔵庫での保存の場合には2~3日で食べ切るようにしましょう。

スーパーなどで買ってきたから揚げから揚げを冷蔵庫で保存するときは、パッケージに書かれている保存期限を守ってくださいね!

冷蔵庫なら2~3日は保存できるから短期間で食べきれるなら冷蔵でもいいかも!
解凍する手間はないからから揚げのリメイク料理も作りやすそう~。

 

から揚げの冷凍保存の消費期限は?

冷凍での保存は冷凍する手間や解凍する手間もありますが、保存期限の長さと美味しさのキープはから揚げの保存方法の中では一番です!
ちょっと時間があるときに困ったときのもう一品をストックしておくことができますよ。

メリット

・保存期間が長い
・味などの劣化が少ない
・小分けにしておけば使うときにも無駄がない
デメリット

・手間がかかる
・使いやすいように小分けにするならその分手間がかかる

冷凍保存なら3週間くらい保存することができるようになります!
他の保存方法と比べるとかなり日持ちさせることができますね♪

揚げてからしっかり冷まして、冷凍すれば劣化が少なく解凍しても美味しく食べることができるのでおすすめ。

ですが冷凍する手間や小分けにする手間があるので少し面倒でもあります…

<から揚げの冷凍保存>
1.から揚げをしっかり冷ます(涼しい場所で重ならないように広げると◎!)
2.から揚げの表面についた余計な水分、油分をキッチンペーパーなどで拭き取る
3.2~3個ずつラップに包む
4.ジッパー付きの保存袋に入れて冷凍庫に入れる

<から揚げの解凍方法>
1. レンジで30秒ずつ加熱する(途中で上下をひっくり返したりすると加熱ムラが少なくなる)
2. オーブントースターにくしゃくしゃにしたアルミホイルを敷いてその上にから揚げを乗せて加熱する
3. 表面がカリッとしたらOK

解凍するときはレンジの加熱だけでも大丈夫ですが、オーブントースターで表面を加熱すると衣のサクサク感が出るのでより美味しくいただけます。

お弁当にいれる場合などは一度きちんと加熱して冷ましてから使う様にしましょう!

冷凍すると美味しさも長持ちするんだね!
一度解凍したらまた冷凍したりせずに食べ切ろうね♪

冷めても美味しいから揚げのポイント

お店で売っているから揚げって冷めても美味しいですよね!
冷めても美味しいから揚げのコツを紹介しますよ♪

1. 下味にマヨネーズを少し入れる
2. 下味を少し濃いめにつける
3. 生姜やニンニクで風味をしっかりつける
4. 2度揚げして肉汁を閉じ込める

冷めてしまうと味が薄く感じてしまうので、普段よりも少し下味やニンニクの風味を強めに漬けると冷めた時にも物足りなく感じることがないと思います。

またマヨネーズを下味で使うと、マヨネーズの中に入っているお酢がお肉を柔らかくして冷めた時にも食べやすくなるんですよ!

揚げる時にも1回目は少し低めの温度で水分や肉汁を飛ばしすぎないように揚げて、一度油から取り出しましょう。
2回目は高温の油で表面をしっかり揚げることによって肉汁を閉じ込めて冷めてもジューシーで柔らかいから揚げができます!

ちょっとした工夫でいつもよりワンランクupしたから揚げができると思うので是非トライしてみて下さい。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

保存期間 保存の手間
常温 半日以内
冷蔵 2~3日
冷凍 3週間

 

・手間がかかる方法は保存期間も長め!
・冷蔵、冷凍するときは手早く、しっかり冷ましてから保存する
・一度解凍したものは再度冷凍しない

少し手間だけどきちんと冷凍すれば、毎回揚げるよりは簡単にから揚げを食べられるんだね!

美味しさをキープするには面倒な工程もありますが、是非参考にしていただければと思います。
お家で美味しいから揚げを楽しんでくださいね♪

スポンサーリンク