タケノコの日持ちする保存方法は?冷凍や冷蔵の保存の賞味期限と注意点を紹介!

スポンサーリンク

 

こんにちは♪

もともとは春のわずかな季節にしか食べることのできなかった『タケノコ』ですが、中華にも和食にもできて子供も好きな料理に使われていることも多いかと思います。

現在は水煮のパックが1年中売られていますがやっぱり鮮度のいいタケノコを生から茹でたものはとってもおいしいですよね♪

「美味しいタケノコを買ったけど保存方法がわからない。」
「旬のタケノコをもらったけどどうしたらいいの?」

なんてお悩みの方に今回は、正しい保存方法についてお話していくので是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

タケノコの日持ちする保存方法って何があるの?

タケノコは生のまま保存してしまうとどんどん劣化してしまうのでなるべく早く下茹でしましょう。

下茹でして、皮などを剥いてからは

・冷蔵保存
・冷凍保存

のどちらかで保存することができます!

タケノコの冷蔵保存

冷蔵でタケノコを保存する場合には1週間以内には食べきるのが基本。
それなりに保存できますが長期間保存したい時には冷凍するようにした方がいいでしょう。

<タケノコの冷蔵保存>

  1.  タケノコを下茹でする
  2.  冷ましてから皮などを掃除する
  3.  タケノコを深めの容器に入れて、浸るくらい水を入れる
  4.  ラップをして冷蔵庫で保存する

下茹での方法はたくさんありますが、アクがうまく抜けていないとえぐみが残ってせっかくのタケノコが残念な仕上がりに…
しっかり下処理しておきましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

湯〜モア 電鉄(@humourdentetsu)がシェアした投稿

深めの容器に水を張って空気に触れないように保存することで長持ちするので

  • 浅い容器で保存する
  • 水が少なくてタケノコが空気に触れている

なんてことがないように注意してください!

茹でた後、カットしてしまってもいいと思いますが、用途が限られてきたり、うまみが逃げ出しやすくなるので使うときに都度カットする方がおすすめです。

水は面倒に感じるかもしれませんが毎日変えるようにしましょう!

冷蔵保存のポイント
・深めの容器、しっかり浸かるくらいの水で保存する
・水は毎日変える
・風味、うまみは時間とともに抜けていくのでできる限り早く食べる

 

タケノコの冷凍保存

タケノコはそのまま冷凍すると触感が変わってしまい美味しくなくなってしまいます。
なのでちょっと一工夫してから冷凍することで美味しさをキープ!
解凍してからも応用できるように薄めの下味で押さえておくことも大切ですよ♪

どちらの方法でも3週間くらい保存できるので冷蔵と比べてかなり長持ちします。

<タケノコの冷凍保存>

・砂糖を使った冷凍方法
1. タケノコを下茹でする
2. 冷ましてから皮などを掃除する
3. 解凍した時に使いやすい大きさにカットする
4. ジッパー付きの保存袋に入れてタケノコの上から砂糖を全体にまぶす
5. しっかり空気を抜いてから口を閉じ、冷凍で保存する

全体にまぶした砂糖がタケノコを覆って、水分が抜けるのを防いでくれるそうです!
そのおかげでシャキシャキとした触感を無くさず保存することができますよ♪

タケノコに300gくらいに対してだと大匙1くらいの砂糖をまぶせばOK!
あまり多いと使うときに甘すぎてしまうので気を付けましょう。

使うときには解凍しないで凍ったまま使うのがおすすめです。
冷凍するときにある程度の量に分けておいた方が使い勝手がいいので自分で調節しておくといいですね!

解凍してから使いたい時には冷蔵庫に移して解凍するか、電子レンジで解凍するようにしましょう。
電子レンジは少しずつ加熱してムラが出ないよう混ぜたりすると上手に解凍できます。

下味をつけておく冷凍方法

1. タケノコを下茹でする
2. 冷ましてから皮などを掃除する
3. 解凍した時に使いやすい大きさにカットする
4. 出汁と醤油、みりんなどで薄めに味を付ける(冷凍すると味が沁みるので薄めの味にする)
5. 冷ましてからジッパー付きの保存袋に汁ごと入れる
6. なるべく空気を抜いて口を閉じたら冷凍庫で冷凍する(バットなどに置いて平らに冷凍すると嵩張らない)

だし汁がタケノコを空気から守ってくれるので劣化しづらく美味しいまま保存することができます!

あまり濃い味を付けてしまうと使うときにしょっぱすぎる…なんてことが起きてしまう可能性があるので薄味で止めるようにしましょう。

使うときにはそのまま使うこともできますが、汁から取り出して使いたい時は冷蔵庫か電子レンジで解凍してください!

煮物などは汁ごと溶かしてそこに味を足せばいいので楽に作ることができると思います♪

どちらの解凍方法でも一度解凍したものの再冷凍はタケノコがかなり劣化してしまうので、絶対におすすめしません。

冷凍する前に無駄の出ないように分けてから冷凍するようにしましょう。

冷凍保存のポイント

・砂糖を使う場合は砂糖を入れすぎない、しっかり全体に砂糖が回るようにする
・下味をつける場合は薄味にしておくことで色々な料理に使えるので濃い味にしないよう注意する
・再冷凍は厳禁!使い切れる量を考えて小分けにして冷凍する

 

スポンサーリンク

 

タケノコの保存方法ごとの保存期限と注意点

冷蔵→1週間
冷凍→3週間

冷蔵のポイント

・深めの容器、しっかり浸かるくらいの水で保存する
・水は毎日変える
・風味、うまみは時間とともに抜けていくのでできる限り早く食べる

冷凍のポイント

・砂糖を使う場合は砂糖を入れすぎない、しっかり全体に砂糖が回るようにする
・下味をつける場合は薄味にしておくことで色々な料理に使えるので濃い味にしないよう注意する
・再冷凍は厳禁!使い切れる量を考えて小分けにして冷凍する

 

スポンサーリンク

 

まとめ

さてここまでご覧いただきありがとうございます。

タケノコは生のまま置いておくとえぐみがどんどん強くなってしまうのでできる限り早く煮て、アクを抜くことが大切!

いくつか保存方法を紹介させていただきましたが、下茹でをしっかりしてから保存しましょう。

水を毎日変えたり、だし汁を作ったり少し手間がかかる食材ですがその分美味しい料理になって答えてくれるので丁寧に処理しましょうね♪

最後までご覧いただきありがとうございました。