大根は冷凍できるの?おススメの保存方法や美味しい見分け方を紹介!

スポンサーリンク

 

こんにちは♪

 

みなさん春の七草、スズシロとしても知られている大根ですが、安くて食べ応えもあるし、生でも煮ても美味しいのでよく使う方も多いんじゃないでしょうか?

ですが大根を一本で買ってしまうと、量が多すぎて困っちゃうこともありますよね?

・気が付いた時にはふにゃふにゃになっていた…

・切ったら中がスカスカになっていた…

なんて意外とうまく保存できなかった経験もあるかと思います。

そんな経験をもうしないためにも、これから紹介する方法を参考にして美味しいまま大根を保存してみましょう!

大根の保存方法にお困りの方は是非参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

大根のおすすめな保存方法は?

では早速ですがおすすめな大根の保存方法を紹介していきますね~

大根の常温での保存方法

一番初めに常温での保存方法から紹介します。

保存期間:切らなければ2週間

切ったら3~4日

一度切ったら冷蔵か冷凍にした方がいいですね。

保存しているうちに水分が蒸発してしまって劣化が早くなっちゃいます…

『大根に葉っぱがついている場合はそのまま保存するの?』

なんて、買った大根に葉がついている場合もありますよね?

そんな時には、葉は落としてしまいましょう。

なぜならば、葉に栄養が持っていかれてしまって、スカスカになる原因になってしまいますので、早めに落とすのが正解!

落とした葉は、お味噌汁に入れても、お漬物にしても美味しいですし、ビタミンCやカルシウムも豊富なので子供にも大人にも嬉しい食材ですよ。

大根の常温保存するときは、風通しのいい冷暗所に置いておきましょう。

 

大根の冷蔵での保存方法

冷蔵での保存方法のポイントは大根を先端、中央、根本、葉に切り分けて保存することです。

大根は部位ごとに味も触感も違うので、分けて保存することで、調理するときに使いやすくて便利ですよ!

 

大根の葉の保存方法

  • 葉の部分は、葉の根元ギリギリで落とす。
  • 切り口にキッチンペーパーを巻いて、ビニール袋に入れる。
  • そのまま冷蔵庫の中で立てて保存。

保存期間:5日程度

 

こうして保存すれば、葉の部分も傷みづらく、

美味しく食べることができますよ。

 

大根のおすすめな保存方法

  • 分割した大根はキッチンペーパーできっちり包む。
  • ジッパー付き保存袋に入れて密閉保存する。

保存期間:1週間程度

 

密閉することで水分の蒸発を防げますが、痛みの原因にもなるので

キッチンペーパーが湿ってきたら、新しくしましょう。

『キッチンペーパーで包んだらこれはどこの部位?』

とならないようにわかりやすく保存しましょうね。

ちなみに私は付箋に部位の名前を書いて、ペタッと貼り付けています(笑)

これなら一目瞭然です!

 

大根は冷凍保存できるの?

『え?大根って冷凍できるの?なんだかおいしくなさそう…』

と思う方もいるかもしれませんが、でも実は冷凍保存もできるんです!

触感が変わったりなど、いくつか注意点もあるので気を付けてみてください。

それでは、大根の冷凍保存法を紹介していきます。

大根おろしとして冷凍する

大根をすりおろしたら、水気を切って製氷機など小分けにして冷凍するだけで長く保存できます。

保存期間:3週間程度

冷蔵だとすぐ傷んでしまうし、まとめておろしておけば時短もできますし使うときには自然解凍で大丈夫!

小分けにすることで、ちょっとだけ使うときにもすぐ溶けて、すぐ使えるので、お料理の手間が省けますね!

 

カットして冷凍する

今度は用途ごとにカットしてから冷凍する場合ですね~。

基本冷凍したら、解凍したものをそのまま食べたりはしません!

和え物にしたり、炒めたり…なんとなくの調理方法を考えてから切っておくと使いやすくなりますよ。

 

  • 大根の皮を剥いて、お好みの大きさにカットする。
  • ジッパー付き保存袋に平らに並べて、冷凍する。

(アルミホイルを巻いて冷凍すると早く冷凍できて劣化が少ないですよ)

 

手順はとても簡単なので試す価値アリ!ですよ。

使うときは

加熱する場合→冷凍のまま使う

加熱しない場合→自然解凍or冷蔵解凍

保存方法:3週間程度

大根は冷凍保存すると触感が変わります。

なので、大根サラダなどで求められるシャキシャキ感などは、なくなってしまうので注意しましょうね。

煮物だったり、炒め物にすると味がしみこみやすいのでおすすめですよ!

 

美味しい大根の選び方

みなさんは大根を買うときどんなことを気にしていますか?

美味しい大根の基準は

 

・水分が多く、ずっしりした重さがある

・ひげ根(側面に生えてる細い根)が少ない

・触ったときにハリがあって、ふにゃふにゃしていない

 

このポイントをチェックすれば大丈夫です。

逆に

 

・表面が柔らかい

・酸っぱい臭いがする

・皮に黒いカビが生えている

 

などは避けてくださいね。

土付きの大根を買った場合、土が湿度、温度の変化から大根を守ってくれるので使うまではそのままの方が大根が元気なままでいてくれます!

 

大根はどんな料理がおすすめ?

色々な料理法がありますが、私の個人的なおすすめのお料理をお話ししますね♪

大根の葉元は、シャキシャキして、甘みが強いのでサラダにしていただいたり、ツナとマヨネーズと和えたりすると美味しいですよ!

冷凍にしたものは、水分によって細胞膜が壊されます。

なので、味がしみこみやすくなり、おでんや、豚汁など煮込み料理でも、あまり煮込む必要がなくなって時短になるので便利です!

 

大根は結局どれくらい保存できるの?

もう一度、大根の保存期間をおさらいしますね。

保存方法にもよりますが

 

常温保存→切らなければ2週間

切ったら3~4日

冷蔵保存→1週間

冷凍保存→3週間

 

となっています。

常温で切らないで保存するか、劣化する前に冷凍すると美味しいまま保存が出来ると思いますが、漬物に加工したりしてもかなり日持ちがするようになるので冷凍したくない方はそちらも試してみてくださいね。

 

まとめ

さてここまでご覧いただきありがとうございます。

調理師で管理栄養士の私が大根の保存方法について紹介させていただきました。

『大根の保存方法だけで、こんなにあるの?』

となるかもしれませんが、自分に必要な情報だけ参考にして覚えればOKです!

大根を冷凍すると、

・保存期間が長くなる

・味がしみこみやすくなる

・加熱時間が短くなる

といったメリットがあります。

美味しそうな丸々の大根を無駄なく食べきれるように工夫してみましょう!

ここまでお付き合いいただきありがとうございます。

是非情報を活用してください!