ブロッコリーは冷凍できるの?保存方法のコツや茎の食べ方を紹介!

スポンサーリンク

 

こんにちは♪

ゆーちゃん
ブロッコリーを買ってきたけどみんなはどうやってしまってるの?茎は落とした方がいいの?誰か教えて!

ビタミンも豊富でお弁当にも、糖質制限にもよく使われる『ブロッコリー』ですが、正解の保存方法って知っていますか?

ゆーちゃん
冷凍できるのか、冷蔵庫に入れてるときの注意とか長持ちさせるコツとか実はわかってないんだよね…

今回、この記事ではブロッコリーについてまとめていきます!

この記事でわかること

・ブロッコリーの正しい保存方法
・ブロッコリーを長持ちさせるコツ
・ブロッコリーを冷凍する方法
スポンサーリンク

美味しいブロッコリーの選び方【締まっていて、みずみずしい物を選ぼう!】

まずは美味しいブロッコリーと選ばない方がいいブロッコリーの特徴を紹介♪

美味しいブロッコリー

・いつも食べている部分(花蕾)がしまっていて、こんもりとしている
・茎の切り口が変色していなくてきれいなもの
・きれいな緑色のもの
選んじゃダメ!鮮度の落ちたブロッコリー

・触ると柔らかい
・茎の切り口が茶色く変色している
・いつも食べている部分が黄色く変色している、花が咲いている

スーパーなどで選ぶときにはこちらを参考にしてみて下さい!
選ぶときは優しく触って傷をつけたりしないように注意してくださいね。

 

ブロッコリーの栄養【ビタミンCがたっぷり】

ブロッコリーにはビタミンC・タンパク質・葉酸・カリウム・カロテン・食物繊維などたくさんの栄養が含まれています。

美容効果や筋トレ、免疫機能に効果があったり、女性に欠かせない葉酸も含まれているので積極的に食べたいお野菜ですね!

ゆーちゃん
むくみや便秘にも効果があるからたくさん食べよう♪

 

ブロッコリーの冷蔵庫での保存方法【ビニール袋に入れれば鮮度が保てる】

ブロッコリーを冷蔵庫で保存するときにはビニール袋に入れてから保存すると鮮度が保てて長持ちします!

冷蔵庫の中は意外と乾燥していたり、他の食材もたくさん入っているのでそのままブロッコリーを入れてしまうと
・水分が抜けてしまいブロッコリーが柔らかくなる
・ブロッコリーについていた汚れなどが冷蔵庫を汚す
といったことが起きてしまうのでビニール袋に入れるのが正解!

1. ブロッコリーをボウルなどに入れて、15分くらいたっぷりの水につける
2. 水の中でブロッコリーを軽く振って汚れなどを落とす
(蕾の中に入っていた汚れや、隙間にいた虫もきれいに洗える)
3. 水気を拭き取って濡らした新聞紙やキッチンペーパーで包む
4. ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で立てて保存する

ビタミンCが水に溶けるのを防ぐために、切る前にしっかり汚れを落としましょう!
ブロッコリーには虫さんがついている時がしばしばあります…
苦手な方は注意してくださいね(^^;

茎は邪魔になるのでここでカットしてOK!

加熱してから保存したい時は電子レンジなら栄養が逃げずに加熱することができるのでおすすめです♪

 

  • 丸ごと保存する→3~4日くらい
  • 食べやすく小分けにして加熱してから保存する→2日くらい

 

大体3日くらいのうちに食べきれないようなら冷凍するようにしましょう。

冷蔵庫で保存ずるコツ
  • カットする前に洗う
  • 乾燥に気を付けてビニール袋に入れたり、濡らしたキッチンペーパーなどに包んで保存する
  • 茹でてから保存する場合にはゆでた後に素早くしっかり冷ます

 

ブロッコリーの冷凍庫での保存方法【生のまま冷凍するのがおすすめ】

冷凍庫で保存するときは生のまま冷凍するのが美味しさを逃さずに保存できます!

ですが、生のままのブロッコリーを冷凍すると蕾の部分が崩れやすくなってしまうんです…
なので冷凍できる密閉容器に入れて保存が正解。

1. 洗ったブロッコリーを小分けにカットする
2. ラップなどで使いやすい量で包んでから密閉容器にいれる
3. 冷凍庫で保存する

使う時には解凍するとボロボロになって崩れてしまうので凍ったまま使う様にしましょう!

茹でてから保存すると触感が悪くなったりしますが、生なら触感も栄養も落ちづらくて生より長持ち。
使うときにしっかり加熱するのが面倒だなぁ…と思う方は加熱してから冷凍するのもありですね♪

冷凍庫で保存する→3週間
冷凍庫で保存するコツ
  • 生のままが美味しさ・栄養ともに〇
  • 崩れやすいので密閉容器に入れて
  • 使うときは凍ったまま加熱しよう

 

ブロッコリーの茎を捨てるのはちょっと待った!茎の活用方法

ゆーちゃん
ブロッコリーをしまうときいつも茎が邪魔なんだよね~
何だか固そうだし捨てちゃおっと♪

ちょっと待った!ブロッコリーの茎は食べられるんです!

  • 変色している切り口は切り落す
  • 皮が厚い時はピーラーなどで剥く

 

といった工夫さえすれば美味しく食べられるので是非!食べてみて下さい!

 

この投稿をInstagramで見る

 

あんころ(@cook._.ing97)がシェアした投稿

皆さん色々な工夫をしていただいていることがわかりますね♪

せっかく美味しく食べられる部分を捨てちゃうのはもったいないですし、フードロスが叫ばれる現代においてもよくないな…と思います!

ちょっとしたことからエコを始めてみましょう。

まとめ【保存期限、保存方法、コツ】

 

<冷蔵の場合>

保存期間
丸ごと保存→3~4日
小分けにしてから加熱して保存→1~2日

・カットする前に洗う
・乾燥に気を付けてビニール袋に入れたり、濡らしたキッチンペーパーなどに包んで保存する
・茹でてから保存する場合にはゆでた後に素早くしっかり冷ます

<冷凍の場合>

保存期間
3週間

・生のままが美味しさ・栄養ともに〇
・崩れやすいので密閉容器に入れて
・使うときは凍ったまま加熱しよう

ブロッコリーについて色々まとめてみました!

鮮度を保つコツや冷凍の方法など基本的なことですが大切なことばかりなので読んでいただければと思います♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です