じゃがいもは冷凍するとどうなるの?常温や冷蔵保存で緑になっても大丈夫?

スポンサーリンク

 

こんにちは♪

メインにもサイドにも引っ張りだこの食材の『じゃがいも』を皆さんはどうやって保存しているでしょうか。

お料理初心者の方は保存方法に迷ってしまうこともありますよね…

「どの保存方法がいいのかわからないし、なんか冷凍保存はダメって聞いたことがあって…
どうしたら一番いいのか教えてほしい!」

そんな方のために今回この記事では

・常温保存
・冷蔵保存
・じゃがいもを冷凍保存するときの注意点とやり方

を紹介したいと思います。

どうぞ最後までゆっくりご覧ください。

スポンサーリンク

じゃがいもが緑になっても大丈夫?

じゃがいもを家庭で保存するときに一番いい方法は季節によって変わります。

・夏 冷蔵庫の野菜室
・夏以外 常温の冷暗所

じゃがいもの保存に一番適しているのは5℃前後なので基本的には常温で保存しておけばOK!

ですが夏に限っては気温が高すぎるので冷蔵庫の中でも比較的温度が高めな野菜室で保存すると長持ちしますよ。

常温保存なら4か月ほど保存することができるし、冷蔵庫の場所を気にしなくてもいいので安売りで買いすぎた時にも安心ですね♪

 

じゃがいもの常温保存で気を付けた方がいいことは?

じゃがいもを常温で保存するときには

・直射日光
・芽が出ていないか

に気を付けましょう!

じゃがいもは直射日光が当たってしまうと温度が上がってしまい、痛む原因になったり、芽が生えてきたりしてしまうんです…

これは有名なお話なんですが、じゃがいもの芽や緑色の部分には「ソラニン」という有毒物質が含まれていて、食べてしまうと吐き気やおう吐、めまいなどを引き起こしてしまうんですよ!

そんなことが起きないように

・直射日光が当たらない場所(床下収納など)で保存する
・新聞紙に包んで涼しい場所(戸棚の中)で保存する

といった対策をすることがおすすめです。

じゃがいもの常温保存の手順
1. 買ってきたじゃがいもを新聞紙で包む
2. 直射日光のあたらない場所で保存する
ちょうどいい場所がない時などは段ボールなどでも大丈夫!

新聞紙で包むと程よく湿気を吸ってくれるので長持ちしてくれます。

常温保存は特に難しいこともなく、4か月ほど保存することができるのでおすすめですよ♪

もしじゃがいもに土がついていたら洗ってから新聞紙で包みましょう。

じゃがいもの冷蔵保存で気を付けた方がいいことは?

じゃがいもを冷蔵で保存するときには

・温度が低すぎないか
・じゃがいもが乾燥していないか

といったことに気を付けましょう!

じゃがいもは実は低温に弱く、あまり低い温度で保存していると低温障害が起きてしまいます。

それに加えて冷蔵庫の中は意外と乾燥しているので

・表面がしわしわになる
・触感が変化してしまう

といったことが冷蔵保存では起きてしまう可能性が…

そこで新聞紙に包んで保存すれば冷えすぎ防止、乾燥防止と問題を解決することができますよ♪

じゃがいもの冷蔵保存の手順
1. じゃがいもを新聞紙やキッチンペーパーで包む
2. ビニール袋に入れて野菜室で保存する

しっかり包んでから冷蔵庫で保存すれば常温と同じように4か月くらい保存できます。

スポンサーリンク

 

じゃがいもを生のまま冷凍するとどうなるの?

じゃがいもを生のまま冷凍してしまうと味や触感が一気に劣化して、スカスカになってしまいます!

実はじゃがいもは冷凍にむいていない食材。

生のままの冷凍は基本的にNGなんです!

ですが生のじゃがいもは冷凍できないだけで、一工夫すればじゃがいもも冷凍で保存できるので是非最後までご覧くださいね♪

じゃがいもの冷凍保存で気を付けた方がいいことは?


じゃがいもを冷凍で保存するときには

・加熱してからマッシュして冷凍する
・生のまま冷凍したい時は使いやすい大きさに切ってから冷凍する

この2つのポイントに注意しましょう。

おすすめするのはマッシュポテトにしてから冷凍する方法。
これなら触感の変化も少なく、解凍してすぐに使うことができるので便利!
じゃがいもをマッシュポテトにしてから冷凍保存する手順
1. じゃがいもをきれいに洗って皮を剥く
2. レンジで加熱したり、茹でたりして柔らかくする
3. 滑らかになるまでよく潰す
4. 冷ましてから使いやすい量に分けてラップに包む
5. ジッパー付きの保存袋に入れて空気を抜き、冷凍する
(日付を書いておくとわかりやすいですよ!)

付け合わせにしたり、グラタンに使ったりアレンジが自由なのでストックしておくのもありですね♪

じゃがいもを生のままカットして冷凍保存する手順
1. じゃがいもをきれいに洗って皮を剥く
2. 使いやすい大きさにカットして、軽く水にさらす
3. 水気をしっかり拭き取っておく
4. ジッパー付きの保存袋に入れて空気を抜き、冷凍する

使うときには解凍はせずに、凍ったまま使う様にしてください。

この方法で保存するとやっぱり肉質が変わってしまいます…

肉質の変化が気になる方はこちらの方法はやめておいた方がいいと思いますが、忙しい時に下処理がいらないといったメリットもあるので参考にしてみて下さいね。

冷凍の保存方法の場合ならどちらでも3週間くらいは保存できます!

常温、冷凍より保存できる期間が短いので注意してください。

スポンサーリンク

じゃがいもの保存方法と保存期限はいつまで

じゃがいもはきちんと保存していればかなり長期間保存できるので傷ませることも少なく済むと思います。

常温 冷蔵 冷凍
保存期限 4か月 4か月 3週間
傷んだじゃがいも
・断面に黒い部分がある
・カビが生えている
・触ると柔らかくなっている
・表面がしわしわになっている
・茶色い汁が出てきている
・緑色っぽい、芽が出てきている

長期間保存できるとはいえ保存している間に傷んだりする可能性は0ではないので一つでも当てはまった場合は食べない方がいいでしょう!

今回は『じゃがいも』の基本的な保存方法についてをメインでお話させていただきました!

皆さんの疑問が解消されたら嬉しいです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。