豚汁は冷凍保存できるの?保存期間と注意するポイントやアレンジレシピをご紹介!

スポンサーリンク

 

こんにちは♪

みなさんヘルシーでありながら、食べ応えもしっかりある『豚汁』ですが、根菜で食物繊維も取れて、女性も嬉しく、お肉の食べ応えで男性にも嬉しいメニューですよね♪

ご家庭の場合は、大体何食分かまとめて作って、少しずつ食べることが多いかと思います。

ですがちゃんとした方法で保存しないと

・食中毒の危険
・傷んでしまってせっかく作ったものが無駄になってしまう

なんてことも…

この記事では、『美味しく』『安全に』保存できる方法をわかりやすくお話させていただきたいと思います!

また記事の最後には、豚汁のアレンジレシピも紹介するので、是非最後までご覧になってください!

スポンサーリンク

豚汁の保存方法

  • 常温保存
  • 冷蔵保存
  • 冷凍保存
  • 真空保存

この4つの保存方法を使い分ければ、たくさん作った豚汁も無駄にせずに食べきれますよ!

常温保存

常温保存→1~2日
夏場などは半日くらい

お味噌汁を作って、残ったものを常温で保存することもよくあるんじゃないでしょうか。

ですが常温の場合には、あまり長く保存することができないんです…

なるべく作った日のうちに食べるか、遅くても次の日には食べきるようしましょう。

また常温で保存するときに鍋の蓋をしめてしまうと、蒸気で蒸れて、傷んでしまう原因になるので、冷ましてから蓋をする方がいいですよ!

なるべく冷蔵庫などで保存することをおすすめします。

 

冷蔵保存

冷蔵保存→4~5日

熱いままの豚汁を冷蔵庫に入れてしまうと冷蔵庫の中の温度が上がってしまい

・傷みやすくなったり、においが出たりする
・元の温度に戻そうと、電力を使うので電気代がかかる

といったマイナスがあるので、豚汁を冷蔵庫で保存するときは一度、鍋を氷水などでしっかり冷やしてからしまう様にしましょう。

<豚汁の冷やし方>
① 豚汁を一度、沸騰寸前まで温める。
② 氷水を用意して、鍋を冷やす
③ たまにかき混ぜながら、しっかり冷やしていく
④ 冷えたことを確認したら、豚汁を密閉容器に移して冷蔵庫で保存する

一度、沸騰寸前まで温めることで殺菌の効果があります。

あまり沸騰させてしまうと、豚汁の香りが飛んでしまうので注意しましょう!

氷水で温度を素早く下げることにより、食中毒菌の繁殖を抑えることができます。

面倒ですがよくかき混ぜて、具材の中心までしっかり冷やすことが長持ちさせる秘訣ですよ!

密閉容器に入れることで、保存中に異物、菌などが入ることを防げるし、冷蔵庫で管理しやすいですよ♪

日付を書いて、作った日をわかりやすくしておくのもいいですね~☆

面倒かもしれませんが、この手順をするだけで傷みにくくなるので、しっかり冷やしましょう。

 

冷凍保存

冷凍保存→3週間くらい

意外かもしれませんが、豚汁も冷凍保存できるんです!
ですが冷凍保存する場合には

  • 冷凍に向かない具材(大根、ジャガイモ、こんにゃく、豆腐など)を入れない
  • 小分けにして保存する

というポイントを守ることで、便利に長く保存することができますよ!

冷凍に向かない具材は、冷凍してしまうと触感が変わってしまったり、水っぽくなってしまいます。

先に食べてしまったり、もとから入れないようにしましょう!

代わりに根菜を多めに入れたり、あとから足したりしても大丈夫ですよ。

小分けにして冷凍すると、使うときにらくちんですし、味の劣化も防げます。

冷凍、レンジ可のタッパーなどに入れておけば、取り出してそのままレンジにかけるだけでいいので、とっても便利ですよ♪

冷凍にする前に冷蔵保存でお話した『豚汁の冷やし方』を参考にして、豚汁を冷やすようにしておきましょう。

 

真空保存

真空保存→4~5週間

真空保存というと、家庭ではあまりなじみがないかもしれません。

ですが最近では、100均やネットなどでも簡単に真空保存できるグッズを購入することもできるんです!

真空保存はかなり便利で、保存期間も長くなって、味などの劣化も少ないので試してみるのもいいと思いますよ♪

真空保存するときには、冷蔵保存でお話した豚汁の冷やし方を参考にして、冷やしてから袋に入れましょう。

冷凍と同じように、使いやすい量に小分けするとさらにいいですね!

 

スポンサーリンク

豚汁の保存方法ごとの保存期間や注意するポイント

常温保存→1~2日 夏場は1日以内
冷蔵保存→4~5日
冷凍保存→3週間
真空保存→4~5週間

大体このくらいであれば、保存できると思いますが

・においがおかしい
・汁がねばねばする
・食べた時に味がおかしい(酸味、苦味など)

があった場合には、目安は関係なく処分するようにしましょう!

 

豚汁のアレンジレシピ

「ついたくさん豚汁を作ったけれど、もう飽きてしまった」
「何かアレンジしたいけれどどうしよう…」

なんて時のためにアレンジレシピをご紹介させていただきます。

豚汁うどん

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryoichi Kitazawa(@r_one_gourmet)がシェアした投稿

いつも汁物として、食べている豚汁にうどんを入れると、気分が違ってきますよ♪
寒い時期にもしっかり温まることができます!

 

韓国風スープ

 

この投稿をInstagramで見る

 

有機菜園藤田家族(@fujitakazoku)がシェアした投稿


コチュジャン、アサリ、ごま油を足すと豚汁が本格的なチゲ風になりますよ~。

卵を落としてもいいですし、ご飯を入れてクッパ風にすれば、一人の時のお昼ご飯にもいいですね!

 

お雑煮

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちゃんれみ。(@chan.remi.0401)がシェアした投稿

お餅を入れればお雑煮にもできます♪

いつもは醤油ベースのお雑煮を食べている家庭でも、新しいメニューとして面白いかと思いますよ。

お餅に美味しい豚汁が絡んで… 美味しくないわけがありませんよね!

是非参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク

まとめ

さてここまでご覧いただきありがとうございます

今回は豚汁の4種類の保存方法についてお話させていただきました。

私のおすすめの保存方法は「冷蔵保存」ですが、ご自分が使いやすい方法を見つけられる参考になれば幸いです!

これで食材を無駄にすることなく、美味しく豚汁を食べきってくださいね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク